交通事故時の医療費

交通事故を起こした時、誰でもが興奮状態にあり、正常な思考が来なくなるのが当たり前です。
そんな正常な思考ができなくなった場合でも、あらかじめ知っておけば迅速な対処ができるようになります。
今回は、もし、事故にあってしまった場合、どのように医療費を支払えば良いのかに焦点を当てます。

まず、交通事故で怪我をして治療を受ける場合、健康保険を使っての診療と自由診療のどちらかを患者自身が決めます。
主な流れとしては、被害者に過失がなく、加害者から一方的に怪我を負わされた場合は、加害者側の自賠責保険や任意保険から治療費の支払いが行われます。
この場合、被害者が受診している病院に保険会社が直接治療費を支払うのが一般的で、自由診療とする方が殆どです。
この場合は医療費の建て替えは必要ありません。
一方、被害者側にも過失がある事故では過失割合が決められ、被害者が賠償を受けられるのは、加害者の過失割合分になります。
こうした場合は健康保険を用いて治療を受けると治療費の負担は下がり、保険での自己負担額は少なくなるのです。

また、自動車保険の人身傷害保険を使うのもよいでしょう。
人身傷害保険は、過失に関わらず、事故時に搭乗していた者が事故で亡くなる、ケガをした場合に契約時に決めた金額を限度に補償されます。
基本的に一般的な病院であれば、支払い時に、保険会社名などを聞かれ、病院側で手続きを行ってくれますが、そうではない場合などもありますので、基本的な知識を身につけおくとよいでしょう。



▽特集
交通事故案件にくわしい弁護士に示談のアドバイスをしてもらえます ・・・ 弁護士 交通事故

Copyright © 2014 交通事故をした時の医療費ってどうなるの? All Rights Reserved.